スポンサーサイト

  • 2013.08.18 Sunday
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


小室哲哉―50年の軌跡(ゴッドプロデューサー KAZUKI)

小室哲哉―50年の軌跡
小室哲哉―50年の軌跡

ひっ、ひどすぎるな、この本。。

Amazonの書評で非常に評判が悪いんですね。

でも、「著者は敵が多いだけなのかもな」と思って読んでみたのですが、書評通りでした。。

本にする必要がないくらい、内容がひどいです。。
続きを読む >>

罪と音楽 (小室 哲哉)

罪と音楽
罪と音楽

先日、テレビに小室 哲哉さんが出演していました。

まるで懺悔番組のような内容でした。

私はいわゆる「小室音楽」というのをあまり聞いたことがないのですが、番組を見た後、なぜか小室 哲哉さんに非常に惹かれました。

そこで、釈放後に小室 哲哉さんが書いたこの本を読んでみました。
続きを読む >>

アインシュタイン150の言葉

アインシュタイン150の言葉
ジェリー メイヤー;ジョン・P. ホームズ
4924751588

天才アインシュタインが残した言葉の数々を掲載している本です。

1ページにつき1つの言葉だったり、3つまとめてあったり、上・下・真ん中と言葉は自由にレイアウトされています。

おそらく、アインシュタインの自由な発想を反映しようとしたのでしょう。

それにしても、アインシュタインの比喩力というものは、おそるべしです!
続きを読む >>

未来を創るエジソン発想法(浜田和幸)

未来を創るエジソン発想法
浜田 和幸
4876883904

先日読んだ「快人エジソン―奇才は21世紀に甦る」が非常に面白かったので、同じ著者によるエジソンの発想法に関する本を読んでみました。
続きを読む >>

快人エジソン―奇才は21世紀に甦る(浜田 和幸)

快人エジソン―奇才は21世紀に甦る
浜田 和幸
4532161932

エジソンの知られざるホントの姿を書いた本です。

伝記で伝えられるエジソンは、子供用に書かれているので、真のエジソンを知りたい人はこちらを読みましょう。
続きを読む >>

わが闘争 (まんがで読破)

評価:
ヒトラー
イースト・プレス
¥ 580
(2008-10)
ヒトラーというと、なんとなく「人類最悪の人」というイメージがありましたが、正直、どんな人なのか知りませんでした。

この本はヒトラーの自伝「わが闘争」をマンガで読めます。

1時間あれば読めますね。

てっとり早く、ヒトラーについて知りたい人にはオススメです。
続きを読む >>

未来をかえる イチロー262のNextメッセージ

評価:
「未来をかえるイチロー262のNextメッセージ」編集委員会
ぴあ
¥ 1,050
(2007-12-19)
昨日読んだ「イチロー 262のメッセージ」は2001〜2004年におけるイチロー選手の発言ですが、本書は2005〜2007年です。

第一回のWBCをはさんでいます。

本書の続編も出て欲しいです。
続きを読む >>

イチロー 262のメッセージ

評価:
『夢をつかむイチロー262のメッセージ』編集委員会
ぴあ
¥ 1,050
(2005-03-11)
先月のWBCで最後の最後に劇的なセンター前ヒットを放ったイチロー選手の2001年〜2004年の発言集です。

イチロー選手の発言って、抽象性が非常に高いんですね。

だから、理解できない記者などは、「イチロー独特の言い回し」という言葉で紹介したりします。

抽象性が高い発言って、聞き手もそのレベルに達しないと理解できない場合が多いです。

この本は2年ほど前に読んだことがあるのですが、その時よりも格段にイチロー選手の言葉を理解できるようになったので、それがちょっとうれしかったです。
続きを読む >>

自白

評価:
GACKT
光文社
---
(2003-09-26)
ユーチューブでたまたま見た動画にアーティストのGacktさんが出ていたんですね。

僕はほとんどGacktさんのことは知らなかったんですが、そのかっこいいルックスと独特の世界観に魅了され、Gacktさんの自伝的な本書を手に取ってみました。
続きを読む >>

自伝ドクター苫米地 脳の履歴書

評価:
苫米地 英人
主婦と生活社
¥ 1,575
(2008-09)
ここ1年ほど出版ラッシュをかけている苫米地 英人さんの自伝本です。

なんでこんな凄い勢いで本を出版しているのかが、本書を読んでなんとなく分かりました。

これは僕の勝手な推測ですが、苫米地 英人さんは常に命の危険を感じているのかなと。

だから、いつ最悪な事態が起きてもいいように、自分のメッセージを世の中に残る形にしようとしているのではないかと感じました。
続きを読む >>


2008年に読んだ本:276冊

僕が速読を勉強した教材です!本は訓練すれば誰でも早く読めます

任天堂DSの川村明宏のジニアス速読術
分厚い参考書や大量の企画書を瞬時に読み取りたい人向け。

テレビドラマ「キイナ〜不可能犯罪捜査官』で菅野美穂さん演じる主人公・春瀬キイナは速読が得意で見たものを一瞬でスキャンしたように記憶する類まれなる才能を持っていて、鋭い観察力で事件を解決していくというストーリーです。
菅野美穂さんは役作りのために実際に速読教室に通い、今までの読書スピードより8倍の速さになったそうです。

1〜2時間で1冊の本を読むことはそれほど難しいことではないです。自分の身近には本を書くほど優秀な人はそれほどいないですよね。読書は優秀な人との対話です。賢人との対話です。


遠い昔、大学への入学は読んだ本の数や種類で決まったそうです。本は一部の金持ちのものであり、そして、本を読んでいる人は頭が良いと見られていたんですね。ライバルより1冊でも多くの本を読めば、その勝負を有利に進めることができます!


また、アメリカ合衆国の歴代の大統領が全員、速読を習得していることは有名な話です。ケネディ元大統領は、朝食前に主要新聞各紙に目を通し、朝食中に主要な資料に目を通していました。
カーター元大統領も、側近達とともに速読のトレーニングを行いペーパーワークが苦にならないまでに上達したと自伝に記しています。
セオドア・ルーズベルト元大統領も、毎朝、朝食前に一冊本を読んでいました。


今の情報化社会では数ある情報の中から必要なものだけを見つけ出したり少ない時間を利用して書籍を読み、知識を増やすことは必要不可欠です。


今日を変えれば明日が変わります。まずは、変化の第一歩を踏み出すことです。


3日で1冊読むと1年間で121冊の本を読むことになります。あなたの周りに1年で100冊以上の本を読んでいる人はいるでしょうか?ほとんどの人はそんな人を見つけることはできないと思います。仮に100冊以上の本を読んでいる人がいたとしたら、その人はどんな人ですか?優秀な人ではないですか?年間100冊の本を読むだけで別人のようにバージョンアップできますよ!「今日を変えれば、明日が変わります!」まずは、いつもと違う第一歩を!


※2009年は数に走らずに良書をしっかりと読んでいこうと思います。
2009年の目標 »


任天堂DS「右脳を鍛える」で有名な川村教授が
ウェブ限定でノウハウを公開!

川村明宏のジニアス速読術
30年以上の速読についての研究と開発の結果を知ることができます。500ページの本を30分で読みたい人向け。

川村明宏のジニアス記憶術
睡眠時間を削り、ひたすらノートに書いて暗記する方法は時間の無駄です。

本を買うならアマゾン
サイト内 検索
カテゴリ
カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
月間バックナンバー
新着記事
オススメ
オススメ
links
profile
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links