スポンサーサイト

  • 2013.08.18 Sunday
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「成功曲線」を描こう。 夢をかなえる仕事のヒント

過去に読んだ石原明さんの本がすごく良かったんですね。

で、この本も石原明さんの本なのですが、今までと違って、ビジネス系ではないんです。

まったくビジネスとは関係ないとは言いませんが、自己啓発・成功法則的な内容の本です。

石原明さんと言えば、営業だったり経営コンサルタントというイメージが強いので、この手の本ではどんな内容を書くのか興味深く思ったでの、読んでみました。
続きを読む >>

イチローはなぜ打率ではなくヒット数にこだわるのか

まえがきに出てくるイチローの言葉が印象的です。

「見ている人が楽しむのは勝手ですが、相手が絡むことに関してコントロールすることは不可能。自分で管理することができないものを意識することは不可能ですね」


著者いわく、イチローは自分でコントロールできない要素にはまったくの無頓着ということです。
続きを読む >>

勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド

今売れに売れている勝間 和代さんの処女作の再版です。

勝間 和代さんの原点を知ることができます。

女性に向けて書かれた本ですが、男性が読んでもいいかと。

この本は「インディ」という女性の定義があります。「インディ」を目指しましょう!という内容です。

インディな女性とは・・・
(1)年収600万円以上を稼げること
(2)自慢できるパートナーがいること
(3)年をとるほど、すてきになっていくこと
という条件を満たした女性のことです。

逆にこの条件を満たさない女性のことを、著者は「ウェンディ」と読んでいます。
続きを読む >>

常識の壁をこえて…こころのフレームを変えるマーケティング哲学

評価:
金森 重樹,池村 千秋
阪急コミュニケーションズ
¥ 1,575
(2005-04-28)
先日、金森重樹さんが監修をした「大富豪になる人の心の法則」を読み、ふと思い出した書籍が本書です。

去年読んだ本なのですが、もう一度、読み直してみました。

やはり、良書は何度読んでも良書ですね。
続きを読む >>

大富豪になる人の心の法則

評価:
パット・メシティ
主婦の友社
¥ 1,680
(2007-11-22)
とうとう、今年に入って200冊目になります。

そんな記念になる本は自己啓発本です。

この本、ありがちな自己啓発本なんですが、1つだけ他とは違うところがあります。

それは、監修者である金森重樹さんのコメントがあるんですね。

これが、また秀逸なんです。

ところで、このペースだと300冊は無理そうですね。。。

今後、年末にかけて忙しくなりますし、ここ最近読みたいと思っている本が、ちょっと難解でページ数が多いものなんですよね。。

250冊くらいで落ち着きそうな予感が。。
続きを読む >>

巨富を築く13の条件

評価:
ナポレオン ヒル,Napoleon Hill
きこ書房
¥ 1,365
(2001-03-27)
僕、ナポレオン・ヒルってなぜか今まで受け付けなかったんですよね。

なんか、「成功者は〜。」とか語っている人ってあまり好きじゃなくて。。

だから、読んだことないんですよね、ナポレオン・ヒルの本って。

でも、「食わず嫌いかもしれないな」と思い、読んでみました。

一番、タイトルが魅力的に感じた本を(笑)。

「巨富」という言葉にやられてしまいましたね。(^^;)

で、読んでみると・・・。

意外と言っては失礼かもしれませんが、勉強になりますね。

ちょっとだけ、気になったフレーズをシェアします。
続きを読む >>

山崎拓巳の道は開ける

評価:
山崎 拓巳
大和書房
¥ 1,575
(2006-02-22)
この本、名言の宝庫ですね。

己の道を切り開く視点の置き方を学べます。

すごく勇気づけられる本だし、気持ちがラクになる本ですね。

今、壁にぶつがっている人には絶対読んでもらいたい本ですね。

絶対、損はしないですよ。
続きを読む >>

運命の法則―「好運の女神」と付き合うための15章

ソニーでAIBOの開発責任者を務めた天外 伺朗さんの本です。

本名は土井利忠と言うみたいですね。

天外 伺朗という名前は、作家として名前のようです。

何かに没頭している状態であることを表す「フロー」について書かれた本ですね。
続きを読む >>

非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣

昨日読んだ「成功者の告白 5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語」の著者の本です。

この本もめちゃくちゃ面白いですね。

下手な映画観るなら、この本読んだ方がいいかもしれません。

非常識と書いてありますが、僕から見ると、かなり常識的でした。
続きを読む >>

イメージングリッチ 聴くだけでお金持ちになれるCDブック

「イメージングリッチ 聴くだけでお金持ちになれるCDブック」

「ホントかよっ!」とつっこみをいれたくなるような題名の本ですね。

好奇心に負けて買ってしまいました。。

どんな内容かと言うと・・・。
続きを読む >>


2008年に読んだ本:276冊

僕が速読を勉強した教材です!本は訓練すれば誰でも早く読めます

任天堂DSの川村明宏のジニアス速読術
分厚い参考書や大量の企画書を瞬時に読み取りたい人向け。

テレビドラマ「キイナ〜不可能犯罪捜査官』で菅野美穂さん演じる主人公・春瀬キイナは速読が得意で見たものを一瞬でスキャンしたように記憶する類まれなる才能を持っていて、鋭い観察力で事件を解決していくというストーリーです。
菅野美穂さんは役作りのために実際に速読教室に通い、今までの読書スピードより8倍の速さになったそうです。

1〜2時間で1冊の本を読むことはそれほど難しいことではないです。自分の身近には本を書くほど優秀な人はそれほどいないですよね。読書は優秀な人との対話です。賢人との対話です。


遠い昔、大学への入学は読んだ本の数や種類で決まったそうです。本は一部の金持ちのものであり、そして、本を読んでいる人は頭が良いと見られていたんですね。ライバルより1冊でも多くの本を読めば、その勝負を有利に進めることができます!


また、アメリカ合衆国の歴代の大統領が全員、速読を習得していることは有名な話です。ケネディ元大統領は、朝食前に主要新聞各紙に目を通し、朝食中に主要な資料に目を通していました。
カーター元大統領も、側近達とともに速読のトレーニングを行いペーパーワークが苦にならないまでに上達したと自伝に記しています。
セオドア・ルーズベルト元大統領も、毎朝、朝食前に一冊本を読んでいました。


今の情報化社会では数ある情報の中から必要なものだけを見つけ出したり少ない時間を利用して書籍を読み、知識を増やすことは必要不可欠です。


今日を変えれば明日が変わります。まずは、変化の第一歩を踏み出すことです。


3日で1冊読むと1年間で121冊の本を読むことになります。あなたの周りに1年で100冊以上の本を読んでいる人はいるでしょうか?ほとんどの人はそんな人を見つけることはできないと思います。仮に100冊以上の本を読んでいる人がいたとしたら、その人はどんな人ですか?優秀な人ではないですか?年間100冊の本を読むだけで別人のようにバージョンアップできますよ!「今日を変えれば、明日が変わります!」まずは、いつもと違う第一歩を!


※2009年は数に走らずに良書をしっかりと読んでいこうと思います。
2009年の目標 »


任天堂DS「右脳を鍛える」で有名な川村教授が
ウェブ限定でノウハウを公開!

川村明宏のジニアス速読術
30年以上の速読についての研究と開発の結果を知ることができます。500ページの本を30分で読みたい人向け。

川村明宏のジニアス記憶術
睡眠時間を削り、ひたすらノートに書いて暗記する方法は時間の無駄です。

本を買うならアマゾン
サイト内 検索
カテゴリ
カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
月間バックナンバー
新着記事
オススメ
オススメ
links
profile
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links